AJM Quality

アートジュエリー緑が長年培った選定基準により、
国内外産の真珠を厳選してジュエリーへと加工します。

新円、表面の輝き、色の調和など、すべてが美しく、
パールの素材を最大限に活かしたジュエリー制作を行います。

パールネックレス、パールリング、パールイヤリングなど
お客様のご要望、ご予算に合わせてお創りいたします。

Set Version

パールネックレスから、指輪やイヤリングなど
真珠をあしらったジュエリーをオーダーメイドでお創りいたします。
ご結婚や記念日などの贈り物としていかがでしょうか。

パールネックレスの選び方

  • 光沢
  • 巻き
  • サイズ

真珠(パール)の光沢には、真珠(パール)表面で反射する表面の光沢【つや】と、真珠(パール)内面の全層で光が反射・干渉して起こる内面の光沢があり、二つの光沢が共存しています。
どちらも、真珠層の厚さや均一性、光の透過性などで差がつき、光沢の深みは真珠層の【巻き】とも密接な関係があり、真珠層の厚いものほど光沢に深みがあります。
また、真珠(パール)の光沢のことを照りといいます。真珠(パール)を選ぶ際、大切なのが光沢です。

巻きとは真珠(パール)が育つ際の真珠層の厚さのことです。巻きが厚く均一なものほど良質です。真珠(パール)の養殖期間に関係があり、期間が短いほど薄くなります。

真珠(パール)の【形】は、一般的に丸い真円に近ければ近いほど最良とされますが、ユニークな形のバロック(不定形)や、ゆるやかな曲線を描くしずく形(ドロップ形状)やセミラウンドも個性があり魅力的です。

真珠(パール)の色は均等な色質のものが良いとされます。基本的にあこや真珠(パール)は、白または乳白色で、色の均質なものが良いとされます。

丸い円の真珠(パール)は、一般的に直径をミリ単位で計測します。服装や用途によって適したサイズを選ぶ事をお勧めします。
サイズは、「巻き」とは直接関係ありませんが、特にあこや真珠(和珠)は、大きいほど育てることが難しいため、高価になります。

パールネックレスの長さ

パールネックレスには、いくつかの長さ(レングス)がございます。

フォーマルの席からカジュアルな集まりなど、
お客様がご利用になられるシーンやファッション、
スタイルに応じて最適な長さの、
パールネックレスをオーダーメイドでお創りいたします。

クラスプ(留め金)はなるべくシンプルで目立たず、
アレルギー体質の方でも安心してご利用いただけるように
ステンレス製もご用意しております。

真珠の養殖

国内でとれる上質の真珠(パール)のみを厳選してパールネックレス、パールリング、パールイヤリングをお創りします。
光沢、巻き、形、色、サイズ様々なものがございますが、AJMによる独自の基準で選別し、
最高のパールジュエリーに生まれ変わります。

1あこや真珠(パール)の養殖場

真珠養殖は、稚貝を健康な貝に育てることから始まります。

貝の成長に応じて養殖し、付着物の掃除など、ひとつひとつ細かな手入れをしながら、母貝にまで育てます。

2あこや真珠(パール)の核入れ

核入れが最も大切な瞬間です。「核」を母貝の体内に移植します。

核入れは、真珠(パール)の品質に大きく影響するため、手際の良さと正確さが要求されます。

3海の中の様子

真珠(パール)の養殖は、波の穏やかな湾内で養生します。
その後、水温や貝の餌となる植物プランクトンや環境の変化に気を配り、自然災害から貝を守ると共に付着物(フジツボやカキなど)を取る貝掃除などの手入れを行うことにより良質な真珠が育てられます。

4あこや真珠(パール)の採取

水温が低下し緻密な層ができきた寒さの厳しい冬に、「浜揚げ(はまあげ)」が行われ、人の手で貝から真珠(パール)を採取します。
採取された真珠(パール)のすべてが宝飾品になるわけでなく、厳しい選別を経て美しい光沢を放つ真珠(パール)が誕生します。

AJMの取り扱う
国内外の真珠

真珠の種類は様々で日本以外にも、世界の海や湖で生まれる美しい真珠があります。
真珠の母貝によって、光沢や神秘的な色は異なり、さまざまな表情を見せます。
真珠の育った環境によって一粒一粒に個性が宿ります。

  • あこや真珠
  • 南洋真珠
  • 白蝶真珠
  • 黒蝶真珠
  • 淡水真珠
  • バロック真珠

日本を代表する真珠(パール)です。日本で養殖されている真珠(パール)のほとんどがアコヤ真珠(パール)。幾重にも巻いた内面の結晶がきめ細かく真珠(パール)層が美しく上品な光沢が特徴です。色は、シルバー、ゴールド、クリーム、ピンク、グリーン、ブルーなどがあります。また、光沢・巻き・形・サイズ・色のすべてにおいて最高品質のものを「花珠(はなだま)」と言います。「花珠」は最高品質のアコヤ真珠(パール)を指し、「花珠」「華珠」とも書き、語源は「端珠」にあり、漁師言葉で先端あるいはトップのことを「端(はな)」というところからきていると言われています。

ゴールドカラーで彩られているシロチョウ貝。このシロチョウ貝から生み出されるパールは、干渉色(ピンクやグリーン)がゴールド色をより引き立てます。

シロチョウ貝という大型の貝から採れる真珠(パール)をさし、養殖場はオーストラリアの北部やインドネシア、フィリピン、ミャンマーなどの熱帯地域。水温の高いところで育てられるため、真珠(パール)質の分泌が盛んで貝の中で最大級の白蝶貝は、20~30cmもの大きさになり、白蝶真珠(パール)の多くは直径が10mm以上の大粒なものが採れます。

一般的に黒真珠と呼ばれる、黒蝶貝から採れる真珠(パール)。深い緑に赤みのかかった“ピーコックグリーン”といわれる、孔雀(クジャク)の羽根のような美しい黒緑色の色合いが最高級とされています。グリーン、レッド、ブラックや淡いグレー系、ブラウン系など多彩な色をもっています。また、ピーコックグリーンを玉虫色と表現される方もいるほど、色味がきれいな真珠(パール)です。

主にイケチョウ貝やカラス貝など、湖や川に生息する貝からオーバル、ドロップ、ボタン、ラウンドなど様々な形が採れるのが大きな特徴です。価格がリーズナブルで、大きさはおよそ2~10mmのサイズが有り、カラーバリエーションもあるため、デザインバリエーションも豊富でカジュアルに使える真珠(パール)として人気です。

綺麗な丸の形ではなく、デコボコした形の真珠(パール)のことを指します。ポルトガル語のbarrocoから来ているとする説もあります。(barrocoは、いびつな丸い大岩や、穴や、窪地などを指していたそうです。)真珠(パール)のデコボコは、自然の中で偶然のできたもので、個性的な形をしています。この世に同じ形が存在しないのが神秘的な魅力です。

真珠(パール)ネックレスの
糸替えアフターサービス

AJMの真珠(パール)ネックレスは、胸元で美しいラインを描くように調整していますが、長い間には糸やワイヤーが緩んだり、弱くなったりすることがあります。
年に一度、糸またはワイヤーのお取り替え点検をおすすめいたします。

ご来店

愛知県名古屋市天白区の路面店

アートジュエリー緑では、愛知県名古屋市天白区に店舗がございます。真珠(パール)を使ったネックレスや指輪、アクセサリー等のオリジナルジュエリー、リフォームでお困りごと相談ごとがございましたら、ぜひお気軽にお越しくださいませ。